読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅い狐の心のこもらない話

いつものこと、よくあること、日常のこと、そんなことを思うままに書いていきたいと思います。

仕事はネクタイを締めて

日常 ネクタイ タクシーこぼれ話 いつものこと ファッション 仕事の話

こんにちは。

紅い狐です。

 

満員電車に揺られて通勤するサラリーマンやOLの皆さん朝からお疲れさまです。

この記事を書き始めたのが11時前なので、東京も通勤ラッシュが終わって人行き着く頃かと思います。

 

さて、男性諸君。

いつもスーツにネクタイを締めてのお仕事御苦労。

たまには服の話をしよう。

ネクタイはどんな色がお好きかな?

様々な色があるが、余は鮮やかかつ渋さを感じさせてくれる色が好きだ。というか原色のビカビカしたのは何だか演歌歌手のステージ衣装みたいで何となく好きではない。

明るい色合いのものだったとしても、ストライプに渋い色が入ってたり、その逆もまた然りだ。

つまり単色はほぼ使わない。何となくつまらないと感じるせいかもしれないな。

 

ところで結び方はどんなのが好きだろうか?

ほとんどの諸氏はプレーンノットくらいしかやらないらしい。面倒くさくないし、大勢がその結び方をしているからな。無難なのだろう。

だが余は思う。

 

「(*´-`)。o0(つまらなくないのかなぁ?)」と。

 

制服にしろ仕事用のスーツにしろ、よそ行きの物にしろ、男性諸君は様々なシーンでネクタイを締める機会が多い。

勿論、余も仕事の時には制服のネクタイを締めるが、その時の気分によって結び方を様々変えるようにしている。

何故かと言えば自分の日常に常に変化を与えたい気持ちが昔から堪えないわけで、デートのときに「今日は何の服にしようかな♪」とあれこれ考えるようなものだ。

ほら、そうするとネクタイの結び方もいつも同じで良いのかな?

言うまでもなく、結び方にもTPOが存在するもので、葬式の場にパーティー向けの結び方をする痴れ者はおるまいな?ダメであるぞ(^ω^)

法律で服装が決められている職業はともかくとして、デートの時には気合い入れるくせに仕事の時にはいつも同じのばかりというのは、善かれ悪しかれ如何なものかと思うぞよ(笑)

 

さておき、上手にネクタイが収まると一日の気分がよい。

今日はめっちゃボリューミーな結びをやってみよう🎵